モラハラ人間の優しさには裏がある事をすっかり忘れていた

やっちゃった




モラハラ人間と言っても、優しい時はある。俗に言うハネムーン期がそれにあたりますが、それ以外でも常に24時間モラしているわけではありません。

優しい時もあります。ただ、その優しさにはだいたい裏があるという事を学習しました。

しかし、ふとした時にその事を忘れてしまうんですよねぇ…

スポンサーリンク

 

優しさには裏がある

モラハラ人間が相手に飴を与える時、もう既にその時から見返りを期待しての事の場合もあるでしょうし、たまたま気分が良かっただけの時もあるでしょう。

少なくとも言えるのは、無償のモノでは無いと言う事でしょう。

母の日は何もいらない

毎年母の日には何かプレゼントを”贈らないといけません” 

まだ子供も居なかった頃、何もやっていませんでした。妻ではありますが母ではありませんからね。

その先はだいたい予想付くかと思いますが…笑 母の日なのに何もしてもらえない!何も買って貰えない!と大揉めしてからは、強制的に妻に母の日のプレゼントを贈っていました。

それが今年は何もいらないよと言うのです。

コロナが流行してから、嫁は外から来るものを極端に嫌うようになりました。”菌”が怖いと言う感じですね。

通販であろうと、店舗からの買い物であろうと、ばい菌扱いして嫌がります。それが原因でしょう。

今年は母の日は何もいらないからねと言いました。

こちらとしては経済的DVも受けており、お金がありませんので、かなり助かります。

言われた通り何も贈りませんでした。

同じ境遇の人フォローお願いします

父の日にはプレゼントが…

毎年母の日は強制するくせに、父の日は何もありません。

別に嫁の父でも無いんだし、どうでも良かったんですが、なぜか?今年は用意してあるんですよ。

結論から言うと、現在の所はまだ、それによるトラブルはありません。

でも確実にいつかこれ攻撃の手段として使ってくるのは目に見えています。

モラ嫁
モラ嫁
私は父の日をちゃんとしたのに、母の日は何も無かった!大切にされていない!
これ絶対に言ってきます。自分が今年はいらない、何もしないでって言ったのなんて無かった事にして言ってくるんですよ。

今回なぜ父の日をしたのか?

定期的にやる”頑張っているアピール”の一環でしょう。

常にモラハラ行為をし、家庭では優位な立場にいますが、やはりモラ本人としても、その立場に立っている事の重要性、必要性を定期的に示さないといけない!と思っているのかと。

自分はちゃんとやっているよ!

ここで言うならば、ちゃんと旦那にプレゼントも用意し、しっかりと旦那を立て感謝の意も示すような健気な嫁アピールでしょう。

普段ちゃんとやっているんだから、それ以外の部分は今まで通り私が主導権を握ります!という事でしょう。

したたかですよね。私にプレゼントはいらないと言った時から、シナリオは出来ていたのかなと。

しかし、大事な事を忘れているんですよね…

上記記事にも書いておりますが、ネット通販代は私が建て替えています。

嫁の気分次第ですが、長ければ1年近く返って来ない時もあります。現在もかなりの長期間の通販代を建て替えています。

即ち…

父の日のプレゼントは自分で払っている。笑

状態です。いずれ帰って来るとは言え、いつになるのか分かりませんからね…

スポンサーリンク

 

まとめ

モラハラ人間は非常にしたたかです。

優しさの裏には必ずと言っていいほど、裏があると見ていて良いでしょう。

そして、そういう風にしか相手を見られなくなってしまった事こそが、長年のモラハラ被害の症状の一つだよなぁ…と思ったりもします。

無意識に自分が少しでも傷つかないように、防衛しているんですよね。

モラハラ人間の優しさの後には”何かが待っている”と肝に銘じて日々生活しております…

 

 

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です