モラハラ人間が批判、否定ばかりするのは敵意帰属バイアスが関係

敵意帰属バイアス




モラハラ人間の特徴の一つに、とにかく他人を批判(否定)するというものがあります。

何をやるにも批判、否定ばかりなので一緒に暮らしていると本当に疲れるし不快です。

この批判否定ばかりの心理はどういう事なのか探ってみると【敵意帰属バイアス】という言葉が出てきました。

スポンサーリンク 

 

モラハラ人間は批判ばかり

モラハラ被害者の方のツイッターを見ていて思うのですが、とにかく批判ばかりする人が多いです。我が家のモラ嫁も、勿論そうです。

被害者(私)のやる事に対しての批判もですが。それのみならず、テレビ番組や店員さんの対応、友人、近所の人などなど、あらゆる相手に対して批判を繰り返します。

同調しないといけない

もちろん愚痴ばかり批判ばかり聞かされている事自体も苦痛ですが、何より被害者として苦しいのは…その批判に同調しないといけない所ですね。

他の買い物客に文句

これ我が家で特に多いんです。モラ嫁が買いたい所で別の方が買い物をしています。特に時間がかかっているわけでも無く、普通に商品を取り次の場所に行きます。

そして次に買いたい商品の所に行くと、またその人が商品を選んでいる時ありますよね。

要は同じような流れで買い物をしているって時ですね。こんな時に・・・あのおばさんジャマ!!と不機嫌になるんです。

またほんの少しレジで会員カード等出すのもたついているだけで、あからさまなため息。あっちのレジにしておけばよかった…など不機嫌に。。

普通の感覚ならば不機嫌になる要素などありません。自分のお店じゃないんだし、そんなにキレる所?と昔はたしなめていましたが

そうすると更にキレる。どっちの味方なの??的な…同調を強要されるんです!

反論も許されない、中立も許されない、全く思っていない事も同調しないといけない…これが辛いんですよね。

もちろん私への批判も多い

上記は私以外の人への批判の一部を紹介しましたが、もちろん私への批判も多いです。私への批判は多すぎるので割愛します。笑

敵意帰属バイアスが原因

私はモラハラ人間は何かしら精神の異常があると思っています。我が家のモラ嫁はアスペルガーでは無いか?と考えているというのは以前書きました。

と同時に、敵意帰属バイアスという可能性もある事が分かりました。

敵意帰属バイアスとは…他人の行為が悪意があるように感じてしまう事

我が家の例ですが、玄関が狭く他の家族の靴を踏んでしまう事がどうしてもあります。たまたま踏んだだけなのに、私の事が嫌いだからわざと踏んだ!!と怒り狂っていました。

とにかく他人に対して敵意があるため、状況を素直に受け取れないのです。

そう考えると納得いく場面はいくつもあります。一言も言っていないのに、そう思っているに違いない!と決めつける。

全く責めていないのに、責められている!と言って聞かない。

そんな事言っていないと言っても、そう思っているに違いない!と勝手に決めつける。

これは相手がカーーーっとなっていて、理解するつもりが無い、もしくは理解する力が足りない、またはこちらの説明不足が原因では無く

敵意帰属バイアスが原因

の場合が多いようです。納得いきましたね。そりゃどれだけ話しても勝手に事実を捻じ曲げられるはずだわーという感じ。

日本語が理解できない相手と例える被害者もいますよね。

もう少し敵意帰属バイアスを掘り下げて説明します。

認知バイアス

敵意帰属バイアスは認知バイアスの一種です。

認知バイアスとは人間の思考の中で陥る不合理な選択の事です。直感だとか、過去の恐怖、先入観、願望などがその例です。

後知恵バイアス…過去に起こった事例を過ぎた後に、予測可能だったとみる傾向

正常性バイアス…自然災害、テロ、感染症など悪い情報を見ても、自分にとって悪い情報をシャットダウンし、自分は大丈夫と思い込む傾向

ハロー効果…対象を評価する時、それが持つ顕著な特徴に引きずられて他の特徴についての評価が歪められてしまう。例えばカッコいい美人というだけで、他の部分の評価が変わってしまうなど。

ハンドワゴン効果…ある選択肢を多数が選択している現象が、その選択肢を選択する者を更に増大させる効果。

ラーメン店に多くの行列がある!これは美味しいに違いないと思い込んでしまう効果などですね。

他にもいろいろありますが、一部を紹介しました。

そして敵意帰属バイアス

とにかく他人にその名の通り敵意を持っています。敵意さえ無ければ、素直に受け取れるようなアドバイス、指摘さえ敵意があるから、素直に受け取れないんです。

モラハラ被害者と生活している方なら思い当たる節が多いのでは無いでしょうか?

感情的になって話しても聞く耳なんて持たないのがモラハラ人間。だからこそ、冷静に、言葉も選びならが伝えます。

あくまで怒っても居ないし、イライラもしてないよ。こちらの言い分を伝えているだけだよ。。という丁寧なスタンスを取り、丁寧に伝える。

理論的に分かりやすく、正しい事をしっかり伝える…でもキレる!!

こういう事多々ありません?我が家ではしょっちゅうです。なんでこんなに冷静に丁寧に話しているのに伝わらないんだ?聞いてくれないんだ?と思っていましたが

敵意帰属バイアスが原因

丁寧に伝えても、相手はバカにされている、否定されていると捻じ曲げで受け取るんです。相手に対して敵意しか無いんですからね。

相手はこちら(私)に対して敵意を持っている。だから丁寧に話しても、聞く耳は持ってくれない。

じゃあ、そういう相手にはどう対処して行けばいいのでしょうか?

相手が変わる事はまず無いと考えて良いかと思います。これはモラハラ人間は治らないと言う点と共通しているのでは無いでしょうか?

そういう(敵意帰属バイアス)感情を持つようになるのは、長い期間をかけての事です。そう簡単にその人の過去の感情、過去の経験などを変えられるものではないでしょう。

何を言っても素直に聞けない、批判ばかりの人は敵意帰属バイアスに支配されている可能性があると見ていいですが、相手は変わらないので

一般社会ならば相手にしない事が対処法です。しかし一緒に住んでいる夫(妻)がそうだった場合、相手にしないわけにもいかないので、、、難しい所ですよね。

スポンサーリンク

 

まとめ

なぜモラハラ人間は…他人に対して、批判ばかりするのか?疑問でした。原因は

敵意帰属バイアスによるものという事が分かりました。

とにかく他人に対して敵意を持っているので、それが正しい事だろうと、敵意が上回り素直に受け取る事が出来ないのです。

ただ、そういう人間だと分かった所で対処のしようは無く、なるべく関わらないようにするとしか無い所ではあるんですが…

そういう人間もいるって事が分かれば、家族以外のその種の人間への怒りは少--しだけですが、抑えられるかもしれませんね。